心に王国を、
身体に楽園を。

 
 
 
三昧琴奏者・福島千種ウェブサイト 

VOICE

お客様のご感想

 

メニュー名をクリックすると、ご感想が表示されます。
セッションで受け取る感覚や結果には個人差があります。
メニューをお選びになる際の参考としてお読みください。
 

 

三昧琴サウンドセッション「ひびきと対話。」

 
「まさに、音浴でした。始めの方で、下半身側で三昧琴がなると、ザワザワザワーっと、細胞が蠢く感じがして、ちょっとびっくりしました。
上半身側で鳴る音に対しては包まれてる感が凄くありました。
 
前回受けた時もそうでしたが、(セッション前後の)タッチングは、本当に「何で??」というくらい、身体と心に作用して、安らかな気持ちになれることに驚きます。足に触れられているのに、胸がリリースされたり。涙が出そうなくらいの安心感にいつもビックリします。」
 
T.Sさまより
 


 
「神社に行くと、たまに後から偏頭痛とも違う、空気感が頭の中でうねっているような感覚が抜けないことがあるのですが
それよりも密度の濃いうねりが私の中にあったような感覚。
ちょうどお正月休みに行った三十三間堂のような神聖なうねり。
色んな思いが浮かんでは消えていったけれども、その中に気づきがありました。寝てたのか起きてたのかわからないけれども、とても心地よい時間でした。
 
最後に頭を触って頂いた時に、私の頭の上の方に、大きな星が輝いて。
その後、マリア様の像が佇んでいて。
あぁ、イエス様が生まれたところだなぁと、私の中にイエス様がいるのかなぁと。
癒されたというのは軽々しいように思うのだけれど、上手い表現が見つからない。」
 
当日の夜くらいから、偏頭痛?二日酔い?みたいな感じがすごかった(笑)翌日はとにかく眠くて眠くて、ゆっくりしてるつもりだった日なので丁度良かったかな。
今は抜けた感じです。
感覚的には…なんだろう、満たされた感じ、っていうのかな。
 
三昧琴が身体のすぐ脇にあったせいなのかな、私の身体にダイレクトにうねりが入ってくるような感じが凄かったなぁー。」
 
K.Yさまより
 


 
「三昧琴に囲まれるのがうれしい^^
独り占めしている~って贅沢な豊かな感覚からスタートしました。
「音」と「響き」と「空気感」の温かい優しいシャワーをずっと浴びていて、
それが体に染みわたるような、そこで寝られるなんて^^
実際、何度も寝落ちしました、心地よくて。
こんな寝室あったらいいな。。。と。
アロマを先にセッションして頂いたからか
意識下にはない、本能的な部分がアクセスしやすくなってからのサウンドセラピーは
鼻からの呼吸がスムーズで、背骨に沿って流れていく感覚になりました。
 
背骨がしなやかになったような気がします^^
猫背気味で、気づけば背中を丸めているのが、
お腹をそることをより意識しやすくなりました。
呼吸が楽になりました。
自分をちゃんと「つなげてくれる」感覚があります。
ぶれなくなりました^^」
 
Y.Hさまより
 


 
「最初はどこから音が出ているんだろう?と思いながら受けていたのですが
途中からどこで音が鳴っているのかわからなくなって、綺麗な音の洪水に飲み込まれていました。
レム睡眠とノンレム睡眠を短い間隔で交互に繰り返している感覚でした。
最後の方で眉間に何かが吸い込まれていくような気がしました。とても不思議だったです。」

 
S.Hさまより
 


 
「最初は音の波状が足元や横から流れてくる中に身を置いている感じ。いろんな思考が浮かんできて、「これって今考えることなのか?」と思いながら今日の昼何食べようとか、電車のこととか浮かんでくる思考をどちらかと言うと客観的にみていました。
そのうち波状が音ではなく砂漠に現れ、あー、砂漠だ、(私は砂漠が好きなので)美しいなあと思っていたら、いろんな思考が文字になって看板で砂の上に置かれ、その看板が一つ一つ風に打ち寄せる砂の波でかき消されて埋もれていくイメージが見えました。その様子をあー、いらないってことなんだなーと思いながら見てました。その文字達は全く思い出せません(笑)

その後もいろんな思考が廻っていて脳がフル回転だなーなどと思ううちに音の波がどんどん大きく打ち寄せてきて、あるとき気づいたら台風の目の中のように、ものすごい静寂の中にいました。音の波は周りにあるのを感じるのに、音は全く聞こえない。それにただ気づいただけ。と言えばいいのでしょうか。

その後しばらくして音が聞こえてきて、あ、戻ってきたと思いました。音が聞こえていない間自分が何を考えていたのか寝ていたのか、分かりません。身体が戻ってきて、最後に千種さんがタッチングで足首を持って置いた時にあー、グラウンディングしたーと思いました。

頭や身体がクリアな感じがあり、スペースがあるようなイメージで色んな物が入ってこられそうです。」

 
S.Oさまより
 


 
「ものすごくリラックスしました。おそらくは1時間程度だったのだと思いますが、数時間お昼寝をしたような、リラックスして疲労感や身体のモヤモヤが抜けていました。
モヤモヤしていたつもりはなかったのですが、そのスキッと感で、モヤついていたんだなぁと分かった感じです。
定期的にメンテナンスとして受けたいな、という感想です。

理屈ではなく、ただ身体が必要なものをそのままに受け取るように感じました。」
 
K.Hさまより
 


 
「サウンドセラピーは クリスタルボウルのセッションで 良さを体感していたので そんなイメージでいましたが 身体は寝ていて 頭は起きているという不思議な 感覚でした。
顔のこわばりも とれて身体全ての緊張がとけたような、全身、内臓、思考 全てを選択したようなさっぱり感、爽快感、軽さ、疲労まで無くなり感動しました。」

 
K.K様より
 


 
「素粒子レベルで身体と心が癒されて、細胞がとても喜んでいるのを感じる。
初めて味わう感覚でした。

ざんまいきんに囲まれて横たわり、今の私に必要なサウンドがとっても心地よくて
とっても贅沢なプライベートコンサートな感じがしました。

途中、無意識になり…
心地いいサウンドに意識がもどり
ひいては寄せてくる波のよう…
波打ちぎわにいるような感覚もありました。
 
(数日後に)前世から引き継いできた思い、そして今世ではこうしよう!と思ったことに気づく出来事があって、軸が強くなった感じがあります。」
 
R.Iさまより
 


 
三昧琴によってより深い波動のみの粒子の世界に入っていきました。
まずそれを実感したのは始めの、足元からの音がダイレクトに足の裏に響いて体感できたことから。そのあとは眠る、というのとも違う意識状態に入っていったように思いますが
無意識状態には違いなく、どこが三昧琴で何が音叉かの識別はできないのですが
全身が波動のその波の中で振るえ、調整されていったのだと思います。
 
今、セッションが終わって3日後の夜にこれを書いていますが
こうして振り返っていることもあって改めてあの時、上の設問の回答に書いたような
肉体ではない魂レベルの振動が浸透した、そういう場に身を置けたのだと感じています。
何かが解放されて隅々までに波動が届き、共振した感覚です。」
 
Y.Nさまより
 


 
まさに「音浴」
音に包まれ、何人もの千種さんにセラピーを受けているような贅沢な時間でした。
アロマアルケミーミニセッションで指摘のあったインナーチャイルドが癒されたのか三味琴を楽しんだのか、急に楽しく・うれしく・おかしくなりクスっと笑ってしまったのには自分自身驚きました。
そしてトリートメント・マッサージを受けたわけではないのに、心身ともにスッキリしました。
また心地よい疲労感があり、当日は21時には就寝してしまいました。」
 
A.S様より
 


 
クリスタルボウルのセッションは何度も受けているのですが、
それとは少し違う、とてもやさしいセッションでした。
三昧琴の音はまるで「ミスト」。
ふんわりとからだを包み込みながら、浸透する感じ。
仰向けになった時にかたかった胸の部分が無理なく
とけるように柔らかくなったのが印象的でした。
バイブレーションもかすかなのに、きちんと伝わってきました。」
 
Y.Y様より
 



前に受けた時は本当に深いところで休息させてもらった感じでしたが、今回はとても忙しくも楽しい色んな映像が流れて、でも軽やかな感じで、三昧琴もすごくいい意味で、ライトモードだったように思います!

・・今、新しいCDのdreamingを連日聞いているのですが、なんだかすごく繋がっている気がして
あの日たくさんのビジョンというか、場面が展開して新しいモードに入ったんだなぁ、と思っていたのですが、CDのモードとすごくシンクロしています〜〜。静かだけど安心して明るい世界を見ているような、そんな感じです。」
 
A.O様より
 


 
「あちこちから聴こえる三昧琴の響きがとても心地よく、音の海の中にいるようでした。」
 
S.K様より
 
 
 

 

 

ソルフェジオ・レゾナンス・セラピー(音叉ヒーリング・音叉セラピー)

 
 
「とても不思議な体験でした。
セラピストからの誘導は一切ないなかで、
クリアな音が、自分を導いてくれる。
 
音叉の音をただ聴いているだけなのに、
体の所々が反応し、そこから思い出が泡のように浮かび上がっては消えていく。
 
あー、わたしはこれにかんして
こんな風に思っていたんだなあ…と、自分の想いを観察しながら、
手放しながら深く深く核へと近づいていく。
 
自分の意識はあるけど、
無意識と繋がっている、そんな時間を過ごしていく。 
 
純度の高い自分を
現実に対応する為の自分へと再構築されていく、そんな感覚。
音の響きを頼りに、
自分を本来の状態へと戻す旅。
そんなセッションでした。」
 
M様より
 


 
「音叉の音は不思議です。
なんと表現していいのやら・・。
 
最初のコンサルテーションの段階で聴かせていただいたときにも、
邪気が抜けていく感覚でした。
 
耳元で聴いているはずなのに、背中辺りで聴いている感覚があったりと
不思議で面白い、いままで味わったことのない体験です。
 
文字や言葉にすると安っぽい表現にしかなりません(汗)。
ずっと聴いていたい気持ちになりました。
 
最初に右耳から音を聴いたときに、肝臓または右腎臓あたりが
ぞわぞわっとした感じがしました。
その感じは右耳だけで、他の音でも2回くらいありました。
(潜在意識にアクセスしている時のみです)
肝臓は解毒の臓器ですから、しょっぱなから解毒が始まったのでしょうか??
 
その後もふれていないのに、うつぶせで音を聞いているときに肩のあたりに指でなでられたような感覚、
ぺりぺりっと何かを剥がされている感覚がありました。
 
福島さんが仰ったように、左指は何度も動いていましたね。
それから胸が肋間神経痛のように時々痛むのですが、
その痛みも感じました。
 
潜在意識にアクセスしているとき、
第3,4,5チャクラに反応があったということですが、
ストレスで胃は痛かったです。(やけ食いしてます(汗))
当然、ハートも落ち込んでいます。
 
喉は地下にオフィスがあると言う環境のせいで、空気が悪く声が枯れることが多いです。
上司に言いたいこともたまっているし、やはりって感じですね。
身体も心も大事にしないといけませんね。
 
最後にたくさんの音を鳴らしたときは圧巻でしたね!!
CDがあったら欲しいです。
 
普段職場のストレスを抱えているのですが、
「そんなことは私の人生にとってたいしたことではない」と、
とろとろした感覚の中で考えていました。
現実に戻ると難しいですが、ヒーリング時だけでなく
実生活でもそのような思い、感覚をいかせていけたらと思います。」
 
E.Tさんより
 


 
「先日、福島千種さんのサウンドレゾナンスセッションを受けました。
千種さんの音叉CDは占星術コンサルの前に部屋の浄化と場づくりのために
毎回、かけています。特に1枚目「Cocoon(コクーン)が好き。
 
それはそれで気に入っているけれど今回、生の音はやっぱりいいなーと思いました。
最初、千種さんが足裏を温かいタオルで拭いてエネルギーを流してくれます。
要するに音が共鳴しやすいコンディションにしてくれます。
 
このときの千種さんの手が何とも言えない心地よさ。
千種さんが作ってくれるおにぎりは絶対美味だろうとその時思いました。
千種さんの手からは生まれつきになんか出ていると思うのです。
そういう手だと思うのです。

その後、たぶん1時間ぐらいサウンドレゾナンスセッションを受けました。
音が変わるたびに身体がゆっくり動いたり筋肉がひくひく動いたり
身体の一部が温かくなったりしました。

意識は起きているけれど身体は泥のように眠っているのが印象深かったです。
 
そして自分の意識が思考ベースから
いのちとつながっている層へと降りていくような気がしました。
ここまで深く降りていくのは普通の場合
抵抗感や警戒感をどうしても誘発しまうものです。
やり慣れていないからです。
 
千種さんのセッションは私自身の抵抗感や警戒感を限りなく少なく抑えつつ
だからこそとても深いところまで否応なく降ろしていく感じがしました。
 
じぶんのいのちの根っこにまで降りていった気がしました。
そこには太古よりわき続けている水がある。
そんな感じをからだの感覚として受け取りました。
「私は生きているんだな」「生き物なんだな」と感じ、
そういう機会はとても貴重だなと思いました。

降りていった後どうなるのかなーって思っていたら
次は(たぶん三昧琴だと思います)果てしなく広がっていく音と響きで
私のいのちそのものを広がる方向へと促してくれました。
最後はグラウンディングで終了。
 
とても深くリラックスできるセッションでありながら
実はいのちの根っこに戻っていって
そこからまた還ってくる変容ワーク成分も含まれている感じがしました。
この変容ワークの部分のスムーズさ(抵抗感の無さ)とパワフルさ。
 
何かを恐れて縮こまっているいのちを受け入れ、拡げてくれる感じが
私には印象深かったです。」
 
M.K様より 全文は>>こちら
 


 
「感じ方は人それぞれだけれど
私は深~い海の底にいるような
感覚になります
 
圧のある真っ暗なゾーンを越えて
蒼くてとっても静かな場所で
時間を越えて癒される感じです

何かが終わって、そしてまた始まって。
荷物を置いて、また持ち直す。
休むけど、チャージする。
深くリラックスしながら、生まれ変わる。
 
意識のどこかでは、銀河鉄道で
いろんな所を旅してきたような
そんな不思議で素敵な時間

音叉とただ響き合うだけなのだけど
 
頭でっかちな日常から離れて
あえて問題を見つけたり
あえて癒したりとかない
 
そういう介入のない世界は
元々こんなにも豊かなものなんだと
気づかせてくれるような気がします
 
A.O様より 全文は>>こちら
 


 
そしてサウンドレゾナンス。
もうこの奥深いセッションのことを何と説明すればいいのでしょう。

ベッドに横になると千種さんが足を清めてくださり、
そして音叉が響き始めます。

だんだん意識が遠のいてきて、音の世界が自分の外にも中にも広がります。
音の海に沈んでいくようなそんな感覚です。
もう気持ちよくて気持ちよくて、たまりません。
「快感」です。
そのうち、意識のずっと深いところへ沈んでいくので、
ここにベッドがあって、タオルがある、とか、
まわりに棚があるとか、音叉が置いてあるとか、そういう
左脳的な認識ができなくなる感じです。

今回は映像は出てこなくて、体感で2つの次元を行ったり来たりする感じでした。
ふたつの場。
一方の「場」から、ふわっとおちるような感じでもうひとつの「場」へ移動して。。。。
そこからまたしばらくするとぼんやりと「戻っているな~」と感じたり。。。

ときどき、呼吸がすごく深くなったり、ぴくっと身体が反応したりしています。
そこのところは自分で分かっていました。
そのあいだず~っと音叉と三昧琴の音の海のなかに浮かんでいます。
終わりに「帰って来て~」という音がなると終わりです。

私の中では15分くらいの体験に思えるのですが、
千種さんに聞くと、1時間弱だったと!!!
ウラシマタロウの気分・・・

そのあと、千種さんのチャネリングメッセージと
チャクラのフィードバックを受け取ります。

「反応するチャクラのところでは、つぶっている目がグルグル回転していたり、
お腹がグーグー鳴っていたりするんですよ。」とのこと。
私の今日の反応は第2・第3チャクラが多かったようでした。
今日のフィードバックは自分ひとり占めにしたいので、
ここには載せません(笑)
 
K.M様より 全文は>>こちら
 


 
セッション中、あまりの心地良さに夢の世界へ・・・笑。
カラダの内側が、波打っているような。
安心して海にカラダを投げ出して、あったかい太陽の下で、揺れられているような。

終ってみて、感じたのは、
何か、いつもは届かない深いところが、ほぐれた感覚。
ずいぶん表面の方は、ほぐれてきてるのだけど、
まだコアな部分にコリが残ってますね~・・みたいなとこに
ズンときた感じです。

頂いたメッセージも、
今こうして、その「ほぐれた」部分を、改めて意識すると、
その意味が、よくわかるのさ・・・

これからも、自分のココロが望むモノに素直に従って、
ますます毎日をノンキに、味わって喜んでいくわ・・
なんていう気持ちにしてもらえたセッションでした。」
 
E.U様より 全文は>>こちら
 

 

メディスンカード・リーディング

 
「先日はリーディングをありがとうございました。
あわてんぼうのりす、という表現がぴったりで不安を打ち消す為にあれこれ考え過ぎています、、。
「本当に役に立つのか?」「それ今やること?」という問いを離れてみようと思います。
つまらないことを無理にテンションを上げて「楽しくしよう」としていたので、楽しいことが、パッと思い浮かばなくなっていました。
打算なく、思いついた場所にふっと出掛けてみる、から始めようと思います。
仕事以外でスケジュールを埋めれば、楽しいだろうみたいな、変なコントロールをしがちなので、、。ちょっと出先でボーッとしてみます!
この度はありがとうございました。一言リーディングくらいに考えていたら、綺麗な言葉で物語のように綴られていて、結果以上にクオリティに感嘆いたしました。
ちょっと震えています笑!

Y様より
 




「このたびは、まだお会いしたこともないのにメディスンカードリーディングをありがとうございました。やっぱりな感じです。
疲れを忘れて(無視して)走るのが私の悪いクセで、星座的にも他人を喜ばせるために全力を尽くすクセがあってただいまヘトヘトになっていて頭が変なところで回っている感じです。
そこでふと目に飛び込んできたのがこのメディスンカードリーディングでした。
数字もご縁がありますし、うそついてるのについてないことにしているのはわかっていて、自分の中にひっそりとある「うそ」という表現がピッタリ!です。
深い安心を手にしたいんだなと改めて思いました。自分の中から熱く溢れてくる源に辿り着けるようもっと自分と仲良くなることを選択します。

K様より
 



 
「読み始めて、私、福島さんに見られていたかと周りを見回してしまいました(笑)
まさにいろいろなことを学びたい!吸収したい!という気持ちが高鳴り、ちょっと自分で立ち止まってみようと昨日思ったところでした。
何も慌てなくても必要なことは、必要なタイミングで訪れるであろうと気持ちを落ち着けているところです。
過去を振り返る。何かがそこにあるかもしれない。ゆっくりと振り返ってみたいと思います。」

R様より
 



 
「リーディングの報告文を読ませて頂いて、また気付かされました。
私はまた絶望を選び、希望や夢見る事を捨てていた事を。自分で奇跡を起こすと決めたのに。
諦めてはいけない。私の中の内なる神が、また教えてくれたのかも知れません。
有難うございました。」

H様より