心に王国を、
身体に楽園を。

 
 
 
三昧琴奏者・福島千種ウェブサイト 

 音叉サウンドセラピー(音叉ヒーリング)

Tuning fork therapy

 
 

音叉の役割は、「無意識への旅のサポート」。
より深い深い意識の底へと降りて行き
忘れていた体験や、細胞の記憶を蘇らせます。
 

 


 
 

<トリニタスサウンドセラピー>

古代より伝わる奇跡の周波数528Hzを含むソルフェジオ音階をベースにした音叉サウンドセッション。チャクラを中心に身体とエネルギーにはたらきかけていくセッションです(リーディングシート付き)。 

 
 
「トリニタス Trinitas」とはラテン語(英語では「トリニティ」)で、キリスト教では、「父なる神、子なる神、聖霊」の三位一体を表現する言葉として使われています。
 
「トリニタスサウンドセラピー」は、「響き」「触れること」「対話」この3つの面からアプローチし「心、からだ、魂」の健やかな融合を目指して「変容」「休息」「デトックス」をサポートさせていただくサウンドセッションメニューです。
 
ソルフェジオ音叉を中心に、神聖チューナー、惑星チューナー、オームチューナー、DNAチューナーなど、その時のクライアント様の状態によって様々な音叉を使い分けながら進めます。セッション中は、私もクライアント様も軽い瞑想状態になり、夢の中でセッションを受けているようだった、との声も多く寄せられています。
シンプルに言うと、ふかいふかい意識の底におりていきそこで荷物をおろし、本当に持って行きたいものを詰めなおしてまた戻ってくる、というプロセス。
 
セッション中には、いろいろなことを思い出したり、今、抱いているテーマの答えが自然に浮かんできたり、手放すべきことを決めたり。それは、クライアント(お客様)自身の中から起こります。
 
瞑想会の時などもそうなのですが、セッション中のわたしは音叉と一体化したかのように身体を明け渡してしまうので、クライアントのエネルギーと共振しながらただただ、音叉についていって響くタイミングで響き、ときどき、受け取るメッセージをリーディングシートに書き留め、最後にお伝えします。リーディングシートはお持ち帰りいただけます。
 
音叉の周波数は、セッション後もしばらくは身体やエネルギー体の中に残り、内側からのさらなる変容を促します。  
 

<サウンドセッション「トリニタスサウンドセラピー」セッション料金>

   ◎所要時間:120分 
   ◎料金:23,000円(消費税別)