心に王国を、
身体に楽園を。

 
 
 
三昧琴奏者・福島千種ウェブサイト 

News & Blog

日々

  • IMG_7862.jpg

    前の記事でお知らせした「坂本龍一・設置音楽コンテスト」入賞を受けて、昨日は「IS YOUR TIME」の内覧会とレセプションパーティに伺いました。

     

    READ MORE

  • 初めて手元に迎えたサウンドツールは、このティンシャ。

    2006年、京都の花背で開催されたエサレン(R)ボディワークの入門コースに参加した時にティーチャーだったシャー・ピアス先生がワークやデモンストレーションの前後に静かな合図として使われているのを見て、セッションの前後に響くその一音でこんなにも場の空気が整うんだ…と驚いたのです。

    READ MORE

  • 2ヶ月ぶりに、ヘアカットという名目で
    敏腕コンサルタントの元へ。

    READ MORE

  • 数を重ねていくうちにわかることがある。

    バッティングセンターで
    次々とこちらに向かってくるボールが、
    急にスローモーションで見えるようになるような感覚。

    READ MORE

  • 最近、よく「アトモスフィア」という言葉が

    頭に浮かびます。

    atmosphere

    辞書で引くと、こんな意味が出てきます。

     

    FullSizeR.jpg

     

    サロンを形作っているのは、
    まさにこんなこと↑

     

    大気のように
    あるいは、気温によってその形を変える雲のように
    サロンって、
    そこを取り囲んでくれている人たちによって
    その姿を見せていくんだな、と思います。

     

    それは、
    頻繁にリアルでお会いしているお客様や
    サポートしてくれているスタッフ、友人は
    もちろんのことですが
    一度しかお会いしていない人

    メルマガの読者さん
    Facebookでの繋がりの人
    ブログだけをずーっと読んで下さっている人
    なんとなく遠巻きに見てくれている人
    「スペースU」という名前を聞いたことある、という人

    etc etc…

     

    どんな繋がりでも、たとえ時々でも
    意識を向けて下さっているということで
    それはスペースUの大気を構成してくれているんです。

    距離も時間も超えた
    とても微細な、意識の集合体。

    小さくて繊細なものにこそ
    ゼロから何かを生み出す発動力があるのではないかと
    最近は思いますし、
    影響しあい、与え合い、そこからまた新たなものが生まれていく。

    ほんとうに、サロンは生き物のようです。

    そして、これはサロンだけの話ではなくて
    私たち個人個人もそういったアトモスフィアに
    囲まれている存在なんだな、とも思うのです。

    今朝のつぶやきでした。

     

  • {B01B7311-8EA5-42F4-A311-217C2126A03F}
    弾けるような笑顔も、もちろん好きだけれども
    わたしはよく、うしろ姿を撮る。
    彼がまだ幼かった頃から。

    READ MORE

  • {7698739D-4AEE-4687-89AF-E20AD7379569}

     

    つい最近だけど、プライベートで友人にマッサージしていたら、

    横で見ていた別の友人が

    「あー、本当にマッサージが好きなんだね」

    と言った。

    READ MORE

  • やっぱり、好きな人たちの笑顔を思い出して
    その人たちとの再会はいつかなあと
    ほんわりと楽しみに待っている気持ちの方がいいな。

    READ MORE

  • IMG_7534.jpg

    わたしたちひとりひとりが
    周波数であるように
    日々、結ばれていくご縁もまた
    ゆらぎであり、周波数の重なり。

    READ MORE

  • {6C8A9E3F-66CF-465E-BCF0-A0F2E71F0260}
    自分の発信を
    自分の行動を
    注意深く観察すること
    その根底には何があるのか?と。

    READ MORE