心に王国を、
身体に楽園を。

 
 
 
三昧琴奏者・福島千種ウェブサイト 

ごあいさつ

  

 
三昧琴(ざんまいきん)奏者・福島千種です。
 
2012年にめぐりあった不思議な響きの楽器・三昧琴。
 
それ以来、
「響き」=「振動」を通して、新しい世界に出会い
そこから見える風景の素晴らしさを
たくさんの方と共有できる舞台を増やしていく。
そんな活動をしています。
 
響きあうこころとからだ。
響きあう人生。
 
もちろん、この地球とも響きあいたい。
 
ひとつの音、ひとつの響きに耳をすますこと。
ただ、それだけで
心の中にある波が
しんと静かに整う瞬間が生まれます。
 
響きに耳をすましているその瞬間
あなたが佇む時空間に
繊細なヴェールのような余韻が広がり
やがて満たされた時
そこには心の平安が訪れます。
 
「聴くこと」は瞑想そのもの。
ひとりひとりの心の平安が
やがて世界に広がりますように。
 
そんな想いで、三昧琴の演奏だけでなく、
サウンドリトリート、サウンドセラピー など
さまざまなスタイルで広がり、つながりながら
「響き」「旅」「物語」「人生」をつづけています。
 
Resonance for Inner Peace.
 

 

 

Profile 

 
福島千種(ふくしまちぐさ)      
       
昭和40年仙台市生まれ。1998年より横浜在住。サウンドセラピスト。三昧琴奏者。    

家族の闘病をきっかけに、それまでの20年近く生業としていた映像ディレクター兼ライターからマッサージセラピスト、サウンドセラピストに転身。   

2012年に不思議なご縁から石川県在住の鍛冶師・河上知明氏の産み出す楽器「三昧琴」と出会い、その瞑想的な響きに一瞬で魅了される。   

現在は三昧琴奏者として、「Resonance for Inner Peace.(心の平安のための響き)」「心に王国を、身体に楽園を。」をテーマに各地でヨガインストラクター、セラピスト、料理家とのコラボイベントやサウンド瞑想会などを企画・開催している。      
また、自主制作盤CDも自らのプロデュースによりリリース。2012年「コクーン」2013年「アナレンマ」2015年「ムジカフォーリア」2017年「ドリーミン」4枚述べ3,000枚以上を販売。      
       
2016年はオーストラリア、ニューヨーク、上海、ヨーロッパ各国で三昧琴を用いたさまざまなイベントを開催。ストーンヘンジやシャスタなど遺跡や自然の中、神社仏閣での演奏も行っている。  
 
2017年、米国在住のサウンドセラピスト山田恵氏とのユニット「Co-sonus(コソノス)」の5.1chマルチサラウンド作品が「坂本龍一設置音楽コンテスト」佳作入賞。同年12月9日より2018年3月11日まで初台オペラシティ内のICCにて開催の「坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 《IS YOUR TIME》」で上演が決定している。   

 
2018年1月より、休止していた音叉セラピスト養成コースを再開予定。
 


2008年より目黒区祐天寺駅からほど近いサロン「スペースU」を運営。   
2008年より「湘南やすらぎの部屋」にて川上貢一氏に学び、ACIM(奇跡のコース)に触れたことで人生観が一新。その世界観をベースに活動を続けている。 2017年1月よりACIMティーチャーとしてのクラスを開始。 

  
    
 

・A Course in Miracles(奇跡のコース)学習者
・三昧琴奏者
・SomaEnergetics™音叉ヒーリングプラクティショナー
・レイキティーチャーズディグリー
・カリフォルニア州認定エサレン® ボディワーク プラクティショナー
・三大設定士